家の鍵なくして入れない?

鍵



>>鍵の緊急トラブル解決はコチラ<<


仕事でクタクタになってようやく家につき、やっとゆっくりできると思っていたら鍵がない!なんてことありますよね。
鍵は大きいわけでもないので、落としても気付きにくいものです。
キーケースなどに入れていればわかりやすいですし落としにくくなるのですが、キーケースなしで鍵そのままを持っていれば紛失してしまうこともあるでしょう。


鍵を紛失してしまったら「家の鍵を無くした!どうしよう!?」と焦ってしまいますよね。
どこかで落としていたとしたらどこで落としたのか、もしかして自宅の中にあるのかなど様々な点が気になると思います。
どこかで落としているのなら誰かが拾ってしまう可能性もあるので、自分が知らないうちに鍵を使われて泥棒に入られるんじゃ…なんて不安にも襲われますよね。


色々な不安があると思いますが、まずは自宅にはいる方法を探しましょう。
自宅にはいる事ができたらその後のことを考えれば良いので、自宅に入ることが先決ですよ。
ここでは鍵をなくしてしまった場合、どうやって自宅にはいればいいのかを紹介します。


家の鍵を無くした時の対処法

家の鍵を無くしたらどうしよう…と不安になりますよね。
日中であれば大家さんに言って鍵を開けてもらうという方法もありますが、夜だとそうもいきません。
鍵をなくして困っている人のほとんどが夜仕事から帰ってきたという人だと思うので、大家さんに鍵を開けてもらうというのは現実的ではありませんね。


家族がいればインターホンを鳴らして開けてもらうという方法もあります。
夜遅くになると家族が寝ている可能性もあるので、インターホンを鳴らしても出ない場合は家族に電話をして起きてもらうしかありません。
家族に迷惑をかけてしまいますが、家族がいる場合はその方法を取りましょう。


独身の人は自宅に誰もいないので、家族に開けてもらうという方法をとる事ができません。
家族もいない、大家さんに頼る時間帯でもないという場合は鍵を開けてくれる業者に電話をしましょう。
鍵を開けてくれる業者はいくつかありますが、ここでは全国対応の業者を紹介します。
鍵をなくして困っているという人はぜひここで紹介する業者に電話をしてみてくださいね。


鍵の救急サポートセンターの特徴

鍵

鍵の救急サポートセンターは全国対応の鍵に関する業者です。
鍵の救急サポートセンターの業務内容について紹介します。


  • 鍵のかかったドアを開ける
  • 鍵の交換
  • 鍵の修理
  • 鍵の取り付け
  • 鍵を作る

鍵に関する様々な業務を行ってくれるので、鍵に関する困り頃は鍵の救急サポートセンターに連絡すればすぐに解決してくれますよ。
当サイトでは鍵を紛失して困っている人におすすめの情報を紹介しているので、業務内容の中の鍵のかかったドアを開ける点について紹介します。


鍵の救急サポートセンターは朝8時〜0時まで営業しています。
365日営業年中無休となっているので、休日や祝日に鍵を紛失してしまった場合も安心。
0時以降はサポートセンターも閉まってしまうのでどうしようもありませんが、0時までなら電話一本で駆けつけてくれますよ。
電話から鍵を開けるまでの流れについて紹介しましょう。


  1. 鍵の救急サポートセンターのフリーダイヤルに電話をかける
  2. 名前・住所・電話番号・鍵を紛失してしまい、ドアが開かないと伝える
  3. 作業スタッフが現場に来る
  4. トラブルの状況を確認し、その場で料金の見積もりをする
  5. 見積りを見てOKであれば作業開始
  6. 作業終了後、作業内容を確認
  7. 支払いを済ませる

作業スタッフは巡回しているスタッフが駆けつけますので、長時間待たされるということはないでしょう。
到着時間に関してはコールセンターのスタッフか巡回しているスタッフが教えてくれるので、到着時間には必ず伝えた住所にいるようにしてくださいね。
トラブル内容を確認したらその場で見積りますので、その見積り内容で納得できるのであれば作業をお願いしましょう。
作業終了後は支払いとなりますが、支払いは現金でもOKですし、クレジットカード・銀行振り込み・コンビニ払いでも可能です。
現金を持ち合わせていない人はその他の支払いを選択しましょう。
救急サポートセンターが行っている業務内容の料金については下記で紹介します。


ここまでに紹介した通り、救急サポートセンターは深夜0時まで受け付けているので、夜中に鍵をなくしてしまった人も頼る事ができます。
困った時に頼りになるばしょなので、現在鍵をなくして困っている人はすぐに問い合わせをしましょう。


鍵の救急サポートセンターはこちら
0066-968-076-2254


家の鍵交換の料金はどのくらい?

鍵

救急サポートセンターに電話をしたら、次は料金について調べてみましょう。
スタッフが来るまでに待ち時間があると思うので、その時間内に相場を知っておけば、見積りをもらっときに相場と大して料金が変わらないかを確認できますよ。
まずは鍵を開けてもらう料金の相場を紹介します。
家の鍵を紛失した場合のドアの鍵開けの料金相場は8000円〜15000円です。
鍵は住宅によってその形が異なります。
手間がかかる物や開けることが難しいものは料金もその分上がってしまいます。
鍵の救急サポートセンターでは鍵開け料金が8000円〜となっています。
相場内の料金で治まる可能性が高いので、驚くほど高額な料金を請求されることはないでしょう。


鍵開けの値段は上記のものとなりますので、まずはこの価格だけを覚えておきましょう。
鍵が自宅内にある場合はこの料金だけを覚えておけばいいのですが、鍵を紛失してしまった場合は鍵交換も考えておいた方が良いかもしれません。
どこかに落とした鍵を誰かが広い、それを悪用するというのは難しいことです。
どこの誰が落とした鍵かもわからないのに、それを見つけて泥棒に入るというのは至難の業だからです。
ただ心配性の人はもし自分の家が見つけられたら…と不安になりますよね。
その場合は鍵交換を考えた方が良いかもしれません。


鍵交換は自宅の鍵をあけてもらい、自宅に入って少し落ち着いてから考えれば良いでしょう。
ここからは家の鍵交換費用について紹介していくので、自宅に入って落ち着いてから見てみてくださいね。


鍵交換はその名の通り、自宅の鍵を変えることで前の鍵を使えなくすることです。
新しい住居にはいる際にこの鍵交換が必ず行われます。
これは前の住人がスペアキーを作り、引っ越し後に再度住居に侵入することを防ぐためのものです。
鍵交換をすることで以前の鍵が使えなくなるので、鍵を紛失してしまった場合、この鍵交換を行うことで落としてしまった鍵を使っての悪用を防ぐ事ができます。


家の鍵交換費用の相場は鍵の種類によって変わります。
通常の鍵のとカードキーの場合は10000〜12000円、ディンプルキーの場合は15000〜20000円、特殊な鍵の場合は20000〜25000円となります。
特殊な鍵はケースが少ないのでここでは省きますが、ディンプルキーは最近多くなっています。
ディンプルキーとは鍵表面に凹凸がついており、セキュリティが厳しいオートロックマンションなどで使われている鍵です。
通常の鍵とカードキー、そしてディンプルキーが多いので、この三つの鍵の相場を知っておくと良いでしょう。
鍵の救急サポートセンターでは鍵交換を10000円〜から行っています。
鍵の種類によって料金が変わりますが、これも相場内で交換をしてもらえるでしょう。


上記に書いた通り、鍵交換は鍵を開けてもらう時にすぐにしてもらう必要はありません。
鍵を開けてもらって一夜明けてから交換のお願いをするといいでしょう。
もし夜中不安であれば、チェーンをかけておけば鍵をあけられても安心ですよ。
鍵を紛失してしまうと誰だって焦りますし、不安になるものです。
しかし鍵を開けてもらい、鍵交換までしてもらえば自宅への侵入は防ぐことができます。
焦らなくても大丈夫なので、落ち着いて行動しましょう。



>>鍵の緊急トラブル解決はコチラ<<